子供の病気ガイド

子供が病気になった時、薬を飲ませることに一苦労する人も多いのではないでしょうか。中には平気で飲んでくれる子供もいるようですが、大人でも薬を飲むことは気持ちの良いことではないですよね。子供が嫌がるのも無理ありません。

ですが、病気をしっかり治すには、薬は必要不可欠です。嫌がる時は、どのように飲ませたら良いでしょう。やっぱり、子供が好きな食べ物に混ぜるのが一番良い方法ではないでしょうか。

ですが、薬によっては混ぜてはいけないものもあるので、必ずお医者さんや薬剤師さんに聞いてみてからにしてください。ミルクやご飯に混ぜることはやめた方が良いですね。

それによって、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりする場合があります。また、熱い食べ物や飲み物は、薬の成分が変わってしまう場合がありますので避けるようにしてください。

ジュースや牛乳も注意が必要です。ジュースは、種類によっては余計に苦味が増す場合があります。グレープフルーツジュースは、混ぜると副作用が心配される薬があるので、避けておいた方が良いですね。

牛乳もやめましょう。一緒に飲むと成分が吸収されにくくなる薬があります。ヨーグルトやゼリー、ジャム、プリン、ムースなどがおすすめですが、一番のおすすめはアイスクリームです。

アイスクリームの冷たい喉ごしも良いですし、濃厚なクリームの味わいで薬の苦さが解消できます。普段は子供に与えない、ちょっと高価なハーゲンダッツなどのアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜びますよね。是非試してみてください。

子供の病気ガイド項目一覧

Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved