はしか


はしかについて

はしかは感染力がとても強く、かかると重症化することのある、小さな子供がかかると心配な病気の1つです。潜伏期間は10~12日で、咳やくしゃみなどの飛沫感染が主ですが、空気感染することもあるので人ごみなどでも簡単に感染してしまいます。

38度前後の熱とくしゃみ、鼻水やせき、目やになど、風邪と同じような症状から始まります。2、3日たつといったん熱は下がって、ほほの内側にコプリック斑と呼ばれる周囲が赤い小さな白いポツポツが数個から数十個できます。

さらに半日すると、再び39~40度の高熱が出て、耳の後ろや顔に赤い発疹が出ます。発疹は胸やお腹、背中から手足へと、2、3日かけて全身に広がっていきます。

発疹は、最初は4、5㎜程度で、赤くて丸いものですが、次第に発疹同士がくっついてくるようになります。発疹が足先にまで広がると、2日ほどで熱が下がります。

こわいのは合併症

肺炎や中耳炎、まれに脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。重症の場合や、合併症の恐れがある場合は入院治療が必要になるので、様子がおかしいなと感じたら早めに受診するようにしましょう。

はしかは予防が第一

予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんが多くかかるので、予防接種を受けていない場合は、なるべく人ごみは避けるようにしましょう。1才を過ぎたらできるだけ早く予防接種を受けるようにしましょう。

また、はしかの子と接触したことが分かったら、4、5日以内にガンマグロブリンを注射すれば発病を防ぐことができたり、軽症に済ませたりすることができるので、お医者さんに相談してみてください。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved