水ぼうそう


水ぼうそうについて

「水ぼうそう」は、子供の病気の中でもとても感染力が強い病気で、肌が触れたり、水ぼうそうにかかっている子供とすれ違ったりしただけでも感染してしまうほどです。

生後間もない赤ちゃんにもうつる可能性があり、兄弟や姉妹の間では、まず感染すると考えて良いでしょう。潜伏期間は10日から3週間程度と言われていますが、2週間前後であることが多いです。

水ぼうそうの症状

症状としては、37~38度の高熱が出ることがあり、同時に赤い小さな発疹が出ます。発疹は、全身に広がって、口の中にまで出ることがあります。最初は小さな赤い発疹なのですが、だんだん水ぶくれになり、強いかゆみもあります。

水ぶくれは2~3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたになりますが、次々に新しい発疹ができるので、全ての発疹がかさぶたになるまでは1、2週間程度かかります。かさぶたになるまでは、他人に感染させてしまう可能性があるので、園や学校は休ませる必要があります。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗る程度です。かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておきましょう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くすることができるそうですよ。また、症状が出て2日以内の場合なら、ウィルスに対する薬を飲むことで症状が軽くなることもあるそうなので、お医者さんに相談してみましょう。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど怖い病気ではありません。しかし、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を使っている子供の場合は注意が必要です。

また、完治するまでに長期間かかる病気なので、夫婦で働いている人など、子供が長期間休むことになると困る場合は、予防接種を受けておくことをおすすめします。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved