急性中耳炎


中耳炎について

鼓膜の内側の中耳の粘膜に細菌などが入り込んで炎症を起こす病気、「中耳炎」は、子供に多い耳の病気です。滲出性中耳炎や慢性中耳炎などがありますが、子供に多いのは「急性中耳炎」です。

子供に中耳炎が多い理由は、子供の耳の構造と関係しています。子供の耳管(耳と喉の境につながっている管)は細長くて、水平に近い状態になっているので、鼻や喉から細菌が入りやすくなっているのです。

また、子供は風邪をひきやすいということも、中耳炎になりやすい理由の1つです。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管を通って中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけになってしまうのです。

急性中耳炎について

急性中耳炎になると、まず耳を痛がり、熱が出ることもあります。赤ちゃんの場合は耳の痛みを訴えることができないので、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりするなど、いつもと様子が違うな?と思ったら中耳炎を疑っても良いかもしれません。

症状が進行すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれが出ることもあり、そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がりますが、中耳炎が治ったわけではないので注意が必要ですよ。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりします。鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味になってしまう場合もありますので、早期発見、早期治療が大切ですよ。

また、再発しやすい病気なので、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからといって、勝手に薬の服用をやめないようにしてください。症状が治まっても、炎症はまだ残っているので、完全に治るまでは、必ずお医者さんの指示通りに薬を服用させるようにしてくださいね。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved