滲出性中耳炎


滲出性中耳炎について

中耳炎には色々な種類がありますが、子供の難聴の原因となる一番多くの病気が滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)というものです。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔という部分に滲出液という液体がたまる病気です。3才から10才ごろの子供と老人に多くみられる病気で、鼓膜のすぐ内側にうみがたまる急性中耳炎と違い、痛みや高熱がないのが特徴的です。

鼓膜のふるえが鈍くなるので、耳の中が詰まったように聞こえにくくなりますが、子供は少しくらい難聴では自分から訴えてくることが少ないので、発見が遅くなりがちです。後ろから呼んでも返事をしなかったり、テレビの音を大きくして見たりしている場合は要注意ですよ。

また、急性中耳炎にかかったことのある子供も注意が必要です。滲出性中耳炎になってしまう理由には色々なことが考えられますが、急性中耳炎が治りきらずに、うみが滲出液となって鼓膜の内側に残ってしまう理由が最も多いのです。

滲出性中耳炎の対処法

程度が軽い場合は、薬による治療や、鼻から耳に空気を送りこむ処置などで対処しますが、聞こえが悪くなっている場合は、鼓膜切開術という手術を行う必要があります。

手術と聞くとどきっとしてしまいますが、ほとんど痛みを感じることなく、簡単な手術です。鼓膜の一部を切開し、内側にたまっている滲出液を吸い出して、中耳の風通しを一時的に良くしてやります。

鼓膜の穴は数日たてば自然に閉じますし、その後も手術によって悪い影響が出るということもありませんよ。何よりも、早期発見、早期治療が重要な病気です。子供にとって、難聴が続くことは、発達に影響を及ぼすことにもなってしまいます。

滲出性中耳炎による難聴は、ほとんど軽度にとどまっていることが多いので、心配しすぎることはないかもしれませんが、このような病気もあることを頭に入れておいてくださいね。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved