川崎病


子供の病気には様々なものがあります。未だに原因が解明されていない病気もあり、その中の1つに、「川崎病」という病気があります。聞いたこともない、という人もいるのではないでしょうか。

川崎病は、1967年、当時の日本赤十字病院の川崎富作医師が最初に報告したことからこの名前が付きました。日本人や韓国人など、アジア系の人に多く見られる病気で、1才前後から5才頃までの子供に多く発症します。

男の子の方がやや多く、再発することもあります。他人に感染する病気ではありません。

症状としては、以下のようなことがあります。
・39度以上の高熱が5日以上続く。
・体のあちこちに発疹が出る。
・手や足がパンパンにはれる。
・白目が充血する。
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツができる。
・首のリンパ節がはれて、触ると痛がる。

これらの症状は、通常1、2週間で治まり、次に手足の指の皮がむけてきます。注意したいのは後遺症で、心臓に障害が残ってしまう場合があったり、ごくまれに心臓冠状動脈瘤が起きて、突然死してしまったりする場合があったりします。

入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐためにアスピリンなどを服用する必要があります。「突然死」と聞くと恐ろしくなってしまいますよね。

ですが、現在では後遺症の検査方法や治療法も検討され、以前ほど怖い病気ではなくなりました。川崎病にかかっても慌てることなく、信頼できる病院で治療し、退院後も定期的に検査を受けるようにしましょう。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved