腸重積


腸重積という病気を知っていますか?生後4ヶ月から2歳ごろまでの子供に多い病気で、原因はよく分かっていませんが、腸重責を起こした子供からは、風邪の症状を起こすアデノウィルスや、下痢の原因になるロタウィルスなどが検出されることがあるため、ウィルス感染が原因ではないかと考えられています。

突然に腸の一部が腸の中に入り込んでしまい、めり込んだ腸が締め付けられて、通過障害や血行障害を起こす病気です。時間がたつと、その部分が壊死を起こしてしまいます。

症状は、激しい腹痛が起こるため、突然ひきつけるように泣き叫びます。顔面蒼白になったり、嘔吐したりすることもあるのでびっくりしてしまいますが、痛みは2、3分で治まるので、すぐにケロッとして何事もなかったかのようになります。

ですが再び腹痛におそわれて泣き叫び、これを30分ほど繰り返します。血便が出るのも特徴的な症状です。初めはうんちに少量の血が混じる程度ですが、しだいに量が増えていき、ケチャップのような血便が出ることもあります。

発病してから、24時間以内であれば、肛門から造影剤や空気などを注入する高圧浣腸をすれば、ほとんどの場合治ります。発病から24時間以上たっている場合や、重症の場合には手術が必要になることがあります。また、腸重責を起こした赤ちゃんの10人に1人が、再発するといわれています。

腸重責は、何と言っても早期発見が決め手です。腸重責の腹痛は普通の腹痛とはくらべものにならない程なので、突然のたうちまわって腹痛を訴えたり、繰り返し泣くようであれば、大至急に病院に連れていきましょう。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved