尿路感染症


子供が発熱すると、まず風邪を疑うと思いますが、鼻水やせきなど、一般的な風邪の症状がない時の発熱は、尿路感染症を疑う必要があります。

尿路感染症とは、尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道などに大腸菌などの細菌が感染して、炎症を起こす病気です。炎症を起こした場所によって、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などと呼びますが、赤ちゃんの場合は感染した場所を特定できないことも多いので、まとめて尿路感染症と呼んでいます。

大人や子供の膀胱炎には排尿をした時の痛みや残尿感、腎盂腎炎には腰痛や高熱がありますが、乳幼児の尿路感染症には、はっきりした症状はありません。風邪の症状がなく、原因不明の発熱が続く場合は、尿路感染症を疑って診察を受けましょう。

病院では、尿検査を受けることになります。ただ、赤ちゃんの場合は尿をとるのは難しいですよね。その場合は、おちんちんや外陰部に専用のパックを貼っておき、おしっこをするのを待つことになります。

尿路感染症になっている場合は、尿にたくさんの細菌や、白血球が見つかります。原因となった最近に効果のある抗生物質を使って治療すれば、1週間以内には治まりますよ。

ですが、尿路感染症に気づかずにいると、敗血症や髄膜炎といった重症の病気になってしまう場合があるので、早期発見が大切です。

家庭での予防法としては、水分を多くとること、おしっこを我慢させないこと、などがあります。女の子は、排尿後のふき方も気をつけましょう。必ず前から後ろへ、菌を入れないように、という気持ちで綺麗にしてあげることが大切です。


Copyright © 2008 子供の病気ガイド. All rights reserved